CPU 末尾のアルファベット(プロセッサーナンバーサフィックス)

プロセッサーナンバーサフィックス(プロセッサー番号の末尾)
K アンロック対応(制限解除版)Unlocked
T 消費電力効率重視 Power-optimized lifestyle
H ハイパフォーマンス・グラフィックス High performance graphics
HK ハイパフォーマンス・グラフィックス アンロック High performance graphics
unlocked
HQ ハイパフォーマンス・グラフィックス クアッドコア High performance graphics
quad core
Y 極低電力 Extremely low power
U 超低電力 Ultra-low powe  YとUを比較することはないかも?同一にしてほしいね
M モバイル用 Mobile

この辺から第5世代(古い) 重複は書かないよ 最新は第7世代 20170707
C ハイパフォーマンス・グラフィックス アンロック LGA1150搭載
R ハイパフォーマンス・グラフィックス BGA1364搭載
S パフォーマンス重視 Performance-optimized lifestyle
MX モバイル・エクストリーム・エディション Mobile extreme edition
MQ、QM モバイル・クアッドコア Quad-core mobile

この辺から第2世代(もっと古いよ)
QX クアッドコア パフォーマンス quad-core extreme performance

ここだけサフィックス(先頭文字) (激古だよ)
E 低消費電力デュアル energy efficient dual-cor
T 低消費電力 highly energy efficient processors

PCスペック拡張 CPUの選び方

・まず初めに
CPUを選ぶのに考慮する点は2つです。
1.CPUのHz(ヘルツ)数
2.CPUのCORE(コア)数またはスレッド数

どちらを優先して拡張したらいいか説明していきます

まずCPUを拡張したいと考えた方は、
基本ゲームプレイ中に重いな?と感じたと思います
その際のCPU使用状況をみて、1.2のどちらを拡張するか考えましょう。


・CPU使用状況の確認(windows10 7や8も基本同じです)
ゲームプレイ中にタスクマネージャーを起動します。(Ctrl+Shit+Esc)
まず初めにゲームCPU使用率を見ましょう。(プロセスタブ)↓
次に全体CPU使用率を見ましょう。(パフォーマンスタブ)↓

結論から言うとゲーム
CPU使用率 > 100/コア数の8~9割くらいの場合Hz不足です。
このPCはコア数が2なのでゲームCPU使用率が40~45%%を超えた場合
CPUのHz拡張を考慮する必要があります。

全体CPU使用率が高い(約70くらいを目安)人は
Core(またはスレッド)数の拡張を考慮する必要があります。
こちらはながらプレイをする人が該当する項目だと思います。
(ようつべ、らいつべ、スカイプなどを起動する方)

どちらも該当しないけど、重いという方は
別のスペック拡張を考察してみてください。


・CPUの選び方
i3,i5,i7で迷う方がほとんどだと思います。
i3 ロー  性能△ コスト◎ OC(オーバークロック)未対応が多いよ
i5 ミドル 性能〇 コスト〇
i7 ハイ  性能◎ コスト△
だと思ってください。
※必ずしもi7のほうがi3のCPUよりいいとは限りません。
古いi7は新しいi3に負けることもあります。

ながらプレイはしない。基本アラドのみ起動する。(自分みたいな人)
i3CPUをお勧めします。
i3CPUはコア数が低く設定されています。その分低コストになります。
ながらプレイをしない方はCore数よりHz数を優先して大丈夫です。
i3-7350Kが値段も性能も優秀です。これ1点狙いでOK

プレイ動画の配信や動画修正を希望される方。
i7CPUをお勧めします。
i7CPUはHz数、Core数ともに優秀です。

動画(配信)を見ながらプレイする中堅ユーザ。
i5CPUをお勧めします。
性能もコストも標準です。


・i5CPU比較

i5-7600 N(ノーマル)、K、Tの比較表です。

末尾なし ノーマル
末尾K  Nより1ランク上
※よくOC(オーバークロック)可とありますがNもTもOCできます
(OCはIntelではターボブーストが正式名称)
末尾T 低電力版
後で末尾の略称調べておきます。

値段はなんと言ってもK>T = Nです。
性能はK>N>Tです。
DTP(消費電力)はT>N>Kです。(低いほうが優秀)
※万が一、使用PCの電源ユニットが300W(低い)の場合はTも
考慮に入れたほうがいいですがネトゲPCには不釣り合いです。

基本はKで行きましょう。KとNの値段の差は約10%くらいが標準かな?。
グラボつけてて300W電源の人は、
W上限が怖いようならNやTにしときましょう。

実感としては1Ghz上がれば十二分に変わると思います。

グラボは性能により(50~250W等)様々です。
検索すれば出るので調べておきましょう。

※アラドの場合
推奨環境 1Core 3GHz
必要環境 2Core 3GHz ここだと異界4人あたりで物足りなると思うの
4人PTの場合は(ながらプレイはしない)
おすすめ環境 2Core 3.8Ghz
このくらいがレイドともに行けるスペックだと思います。(あくまで個人的)
3.8GHzを下回るとちょっと不安です。


まとめ
1.自分のCPUに不足してる点を調べる。
2.利用目的に合わせてi3
5
7を決める。
3.製品を調べてチョイスする ニーズはK>N>Tになると思います。

以上、つけ方等はほかの人の見てね・w・んなぁ

PCスペック拡張 CPUの調べ方

1.マザーボードの確認

cmdでコマンド実施
wmic baseboard get product Manufacturer
結果:ASUSTek社製 PRIME H270M-PLUS


2.現在のスペック確認

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\システム


※windows10の場合
結果:Intel(R) Core(TM) i3-7350KUPU @ 4.20 GHz 4.2 0GHz


3.CPU拡張候補を調べる(ASUSTek製品の場合)

1.で調べたASUSTek社製のHPへアクセス https://www.asus.com/jp/
製品情報から検索します。(どの社でも似たような操作で可能です)↓

対象製品の詳細画面から対応CPUを見ます。↓


結果 Intel Core i7/i5/i3、Pentium、CeleronシリーズのCPUに対応


4.商品の検索 Intel プロセッサーファミリー

購入時は価格.comでも構いませんが検索時は公式ページを見ましょう
※i3
i5
i7迷ったら ← とりあえず数値はそのままで型番を上げていきましょう

おすすめはK番、X番は高いです
詳しくは CPUの選び方にて→
お金よりスペックの人はX番に走ってください。

今回はi3-7350kより性能のいいi3シリーズを調べます。 公式検索

リリース日順にすれば今の性能よりいいCPUがあるかどうかわかります。
i3-7350kより後続に販売されたi3シリーズはありませんでした。

これでCPUの調べ方がわかったと思います。
次はCPUの選び方を紹介します。

んなぁ